金融機関の違い

銀行カードローンと消費者金融(サラ金)では様々な違いがあります。まず、消費者金融には総量規制というものがあります。銀行カードローンには総量規制はありません。総量規制というのは、借入額が年収の3分の1を超えないように規制をかけるというものです。サラ金はこの総量規制がありますから、収入の低い人はあまり多くの借入ができなくなっています。それから金利も若干違います。金利は銀行カードローンの方が低めに設定されている場合が多いです。銀行の方はだいたい年利15%くらいで、サラ金の方は年利18%ぐらいが相場です。これだけ見ると圧倒的に銀行カードローンの方が有利なように思えますが、サラ金の方にもメリットはあります。サラ金には無利息期間が設けられている場合が多いです。お金を借りても無利息期間内に完済すれば、利息は一切かかりませんから、給料日前などにちょっと借りるのに便利です。また融資のの審査もサラ金の方が緩いです。特に在籍確認は、サラ金の方が簡単なケースが多いです。銀行カードローンだと、多くの場合、勤務先に電話がかかってきて在籍確認されます。サラ金の場合だと、電話確認がなく書類だけで審査するというところもあります。職場に電話がかかってくるのが嫌だという人は、サラ金を選択するのもアリです。それから即日融資が可能なのもサラ金の特徴です。とにかく早く借りたいという人のニーズに応えてくれます。これらの違いをしっかり把握した上で、自分に最適なローン会社を選びたいものです。