カードローンの必要書類

通常、カードローンでは、申し込んだ人すなわち借金をした人に返済できる能力があるかどうかを確認します。申込時の勤務先に対して電話により在籍確認を行う他に、場合によっては所得証明の提出を求めてきます。なお、消費者金融等では総量規制の関係で、ほぼ必ず所得証明に類するものを提出しなければいけません。
この所得証明不要とするカードローンも存在します。銀行系のカードローンの中で、専業主婦や学生向けのものに関して別に収入源となる人が明らかに存在する場合にあっては、審査などにおいて申込人本人の所得証明などをしない場合があるのです。なお、この場合であっても申し込んだ日すなわち即日において融資を受けられることもよくあります。
インターネットサイトを通じての申込時にあっては、その条件をよく確認しなければいけません。特に限度額つまりいくらまでなら借りられるのかと言った限度額と、その金利についてはよく確認をした上で申し込みを行うことが求められます。
銀行系のカードローンの場合は所得証明不要として対応をしてもらえるケースがある一方で、消費者金融やクレジットカードにおける貸付枠については、総量規制の法的ルールにより年収の3分の1以上は貸し付けてはならないことが法律で決められています。したがって、こうしたところから借り入れを行う場合は、事前に申込時において、何らかの公的書類を用意するように伝えられるものです。したがって、どの書類が必要かをよく確認しなければいけません。